サラリーマンの味方 資産形成研究所

サラリーマンの資産形成を実践しながら応援していくブログです。また、マイルをためてミリオンマイラーを目指すブログでもあります。

その他投資 ロボアドバイザー 投資

株価暴落 その時ロボアドバイザーはどうなったか?

投稿日:2018年10月26日 更新日:

今日は、株価が大きく下がったとき、ロボアドバイザーはどうなったか?
を見ていきます。

ニューヨークダウを例に取りますが、


(YAHOO!FINANCE USA より引用)

2018年10月3日(日本は4日)に最高値 26,828ドルを付けました。

で、2018年10月24日(日本は25日)には、24,583ドルまで値を下げました。

約9%の下落です。

その時、ロボアドバイザーとセゾン投信はどうなったか?
を順番に見ていきましょう。

上のダウのチャートでは、10月25日(日本は26日)の終値で上昇していますが、
以下の集計は、米国24日の終値(日本は25日)での集計ですので、
最高値から最安値までとして良いと思います。

 

①WealthNavi

まず最初はWealthNaviです。
こちらは始めたばかりなので、初期投資額の25万円の状況です。

ご覧の通り、ドル・円とも約5%の下落です。
なかなか良く耐えてくれています。

②THEO

こちらは時価評価額ベースでみると、ドルベースで3%、円ベースで2%程度。
こちらもなかなか良く耐えてくれています。
WealthNaviに比べ、分散しているETFが多いので、下落幅が少ないのかもしれませんね。

 

③セゾン投信

ロボアドバイザーではないですが、長期積立投資ということで
こちらも比較してみます。
こちらは、推移グラフがないので、いまいちわかりませんが、
2018年9月21日の記録では、
積立額 133万円
運用額 155万円
評価損益 22万円
でした。

2018年10月25日時点で
積立額 137万円
運用額 149万円
評価損益 12万円

なので4%程度の下落と言ったところでしょうか。

 

結論

やはり、ロボアドバイザー、セゾン投信は
分散が良く効いており、株価の大きな変動でも、影響はそれ以下(半分くらい程度)に抑えられる。
と思っていいのではないでしょうか?

タイトルは暴落と煽ってしまいましたが、実際は9%程度の下落。
確かに少し速足でしたが、まあ、これくらいはありますよね。
ドルコスト法から見ればチャンスな訳ですから
このまま続けて行こうと思います。

世界的な株価下落を受けて

NYダウ急落 831ドル安

WealthNaviウエルスナビ(ロボアドバイザー)

THEOを始めて1年、その成果は?

いそがないで歩くには最適なセゾン投信


-その他投資, ロボアドバイザー, 投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

65歳以降っていくら必要なの?

前回の投稿で「サラリーマンの国民年金と厚生年金」の話をしましたが、 サラリーマンの国民年金と厚生年金 65歳以降って、どれくらいのお金が必要で、もらえる年金に対してどうなの? について、今日はお話した …

ふるさと納税のワンストップ特例制度は5件を超えても良い場合もあった!

我が家は嫁さんの名義でも、ふるさと納税をしているのですが、 確定申告は面倒くさいので、ワンストップ特例制度を利用して 年間5件までと 決めていました。 しかし、今年、あれ、 6件 やっちゃてるじゃん( …

NYダウ急落 831ドル安

NYダウ急落 831ドル安 おはようございます。 10月10日、NYダウが831ドル安と大きく下落しました。 (時事通信の記事を引用) 831ドルも下落して、今年3番目というのも驚きですね。 ここ2年 …

長崎ちゃんぽんリンガーハットから配当金と株主優待券を頂きました

リンガーハットさんから、配当金と食事優待券を頂きましたので、 今日はそのお話です。 1.リンガーハットとは 1-1 概要 1-2 会社情報と優待内容 1-3 業績 1-4 投資判断 2.リンガーハット …

大資産形成ビルヂングを建設しよう!

よくFPや会計士の方は、老後の年金のお話をする時に、建物に例えてお話をされます。 私も自分自身の資産形成をするにあたり、30代の頃からでしょうか、ビルの設計をするような気持ちでプラン設計してきました。 …