サラリーマンの味方 資産形成研究所

サラリーマンの資産形成を実践しながら応援していくブログです。また、マイルをためてミリオンマイラーを目指すブログでもあります。

その他投資

金融庁の老後2,000万円不足問題は厚生年金のサラリーマンにとって本当の話?

投稿日:2019年6月7日 更新日:

財務大臣が、老後2,000万円不足するから、投資とかも選択肢に入れないと…。

そんな発言が世間を騒がせて、野党とかは謝れ!

なんて言ってるけど、自分達だって一瞬の悪夢の政権時代に知っていたわけで、いまさら文句言うなら、なんであの時ちゃんとやってなかったの?

それにあのシミュレーション、そもそも金がないなら支出を考えろよ! と、ツッコミたくなるのですが…。

それはそうと、超大雑把に年金を考えてみると・・・

 

まず国民年金

これ、国民全員が入るやつね。

実際は毎年変動するけど、

月額 16,410円、年間 196,920円 を40年間掛けて、

7,876,800円 これさえ払えば65歳から寿命尽きるまで、年間779,000円もらえる!

ということは、大体75歳まで生きれば元は取れる計算ですよね。

さらに、長生きすればするほどお得になる訳で、決して悪い投資案件ではないですよね。

ここを変えるなんて一言も言ってないと思うから、そんなに騒がなくてもいいんじゃないの? と思うわけです。

自営業者の方々は、これだけしか貰えないことは百も承知な訳で、何を今更と、しっかり溜め込んでいる筈です。

 

そして厚生年金

我々サラリーマンには厚生年金と言う名の、国民年金への更に上積み分があって、その平均支給額が、

月22万円、年間264万円。

この金額は、老後の最低必要金額と言われる額と同額らしいです。

(誰が最低水準と決めたかは知りませんが)

と言うことは、年金を減額する!

とか言い出さない限り、平均的なサラリーマンなら最低限の生活でなら生きていける筈なんです。

財産があればあったで、すべてプラス方向なので、より良くなるということなだけ。 なので、

短絡的に金融庁はけしからん!

というのは、如何なものかと? 思ってしまうのであります。

しかしながら、社保庁はなにしてくれたん!

退職者も遡って責任取れよ!

と言いたくなりますが。

 

今日のまとめ

老後も豊かな暮らしをしたければ、資産形成をする。

そのためには投資も視野に入れて実践する。

そもそも、そういうストーリーだと思うんですがどうですかね?

これはいまに始まった訳ではなく、昔からそうだったと思いますよ。

ただただ盲目的に国に頼るだけでなく、自分でも行動しろや!

と思う訳です。

そういうストーリーであると理解されているので、このブログに何かヒントがあればと、お越し頂いていると思っております。

今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

バンガード・米国高配当株式ETF【VYM】 配当を再投資するならこれもあり!

iシェアーズ・コア 米国高配当株ETF【HDV】配当を再投資するならこれだ!

 

サラリーマンの味方の年金

サラリーマンの国民年金と厚生年金

65歳以降って、いくら必要なの?

ゆとりある老後の生活 月35万円を得るための投資戦略

ゼロクーポン債 お堅い投資には最適です。

 

 

 

 

 

-その他投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新型コロナウイルスの影響で株が下がってしまった方へ

新型コロナウイルスの影響で、株式市場は底が見えませんね。 そんな中、大切なお金の多くを(例えば退職金とか)株に突っ込んだはのは良いけど、 あれよあれよという間に暴落して、売るタイミングを逸して逃げ遅れ …

定年後の資産運用はお堅い投資で少しでも豊かな物にできるかも

定年するまでに 3,000万円貯めよう! そうすれば安泰なんじゃないの? というキャッチフレーズをよく見かけます。 という事で、 65歳時点で金融資産は3,000万円 その条件ならば、私ならこう運用す …

小規模企業共済の申し込みに行ってきました

さっそく小規模企業共済の申し込みをしてきましたのでその報告です。 すでに口座持っている地方銀行の窓口でお願いしました。 わたしは、サラリーマン時代から不動産賃貸事業者として、青色申告をしていたので 必 …

昨年末の株価下落から3か月、ロボアドバイザーWealthNaviはどうなった?

昨年末の株価大幅下落から約3か月が経過して、 我が家が実際に投資しているロボアドバイザーやセゾン投信はどうなったか? のお話です。 先日はロボアドバイザーTHEOについての報告をしましたので、 今日は …

サラリーマンの国民年金と厚生年金

先日の記事「サラリーマンの味方の年金」のお話に補足して、もう少し国民年金と厚生年金のお話をしたいと思います。 サラリーマンの味方の年金 国民年金は、20歳以上60歳未満の日本国民は全員加入です。(なか …