サラリーマンの味方 資産形成研究所

サラリーマンの資産形成を実践しながら応援していくブログです。また、マイルをためてミリオンマイラーを目指すブログでもあります。

ロボアドバイザー 投資

WealthNaviウエルスナビ(ロボアドバイザー)

投稿日:2018年9月21日 更新日:

今日は WealthNaviウエルスナビ(ロボアドバイザー)のお話です。



嫁さんが2018年9月20日から

WealthNaviウエルスナビ(ロボアドバイザー)を

SBI証券さん経由で申し込み、運用を開始しましたので、これから経過を報告していきたいと思います。

スタート金額 25万円
積立金額   3万円/月です。

この金額でシミュレーションをしますと
まず質問が5つ
① 現在、何歳ですか?
② 年収はおおよそいくらですか?
③ 金融資産はおおよそいくらですか?
④ 資産運用の目的は?
⑤ 株価が1か月で20%下落したら?
を聞いてきます。
これに順に答えていくと以下のような結果となりました。
ここで、①から④は同じにして、⑤株価が1か月で20%下落したら? のみ

・何もしない
・追加投資を行う

の2つのパターンを比較した結果です。

 

 

・何もしない
だと、リスク許容度は 4/5 と判定され

385万円の投資額が、10年以上の運用を行うと48%の確率で500万円以上になる

と診断されました。

 

・追加投資を行う
だと、リスク許容度は 5/5 と判定され

385万円の投資額が、10年以上の運用を行うと51%の確率で500万円以上になる

と診断されました。

 

ポートフォリオの違いを見てみると
何もしない の リスク許容度4/5 は 追加投資を行う の リスク許容度5/5
に比べ、

米国債券(AGG)の比率が増え  株(VTI・VEA・VWO)の比率が減る といった
差になっていました。
金(GLD)と不動産(IYR)はほぼ同じ比率で変化はありません。
まったく違うETFが登場するわけではなく、比率が変わるということなんですね。

 

 

ただ、こう言ったETFによるポートフォリオは、自分ではなかなか組まないし
運用中のリバランスとかはめんどくさてできないから、自動で運用してくれる
ロボアドバイザーは、なかなか魅力的な印象です。

さらに、5つの質問からをベースに、詳細設定で、手動にてリスク許容度を
3/5に変更して
投資を開始することに決めました。

さて、これからどうなるか経過を楽しみに見ていきたいと思っています。

(図はすべてWealthNavi for SBI証券殿より引用させていただきました)



 




 



 



 

-ロボアドバイザー, 投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NYダウ急落 831ドル安

NYダウ急落 831ドル安 おはようございます。 10月10日、NYダウが831ドル安と大きく下落しました。 (時事通信の記事を引用) 831ドルも下落して、今年3番目というのも驚きですね。 ここ2年 …

不動産投資のリスクヘッジ

先日は不動産投資のリスクの話をしましたがので、 今日はそのリスクをどうヘッジするかのお話です。 〔2〕不動産投資のリスク の記事はこちら 不動産投資のリスク 番号は不動産投資のリスクの記事と同じですの …

セゾン投信 第12回運用報告会(名古屋)行ってきました

セゾン投信 第12回運用報告会に行ってきました。     概要と雰囲気 日時 2019年2月17日(日) 14時~16時30分 場所 名古屋 栄ガスビル 13:30分開場だったので …

ゆとりある老後の生活 月35万円を得るための投資戦略

前回の記事で「65歳以降って、いくら必要なの?」 というお話をしましたが、今日は ゆとりある老後の生活 をするための戦略についてのお話です。 シミュレーションの前提条件は、 60歳から65歳までは嘱託 …

定年までにいくら貯めようかお悩みの方へ!安心してリタイヤしたい方へ!

1.まずいくら必要か? いろいろ本やネットにはありますよね。 月30万円あれば大丈夫とか、いや、年取ったらそんなにいらないから月20万円でいいとか、俺はもっと贅沢したいから50万円は必要だ! とかね。 …