サラリーマンの味方 資産形成研究所

サラリーマンの資産形成を実践しながら応援していくブログです。また、マイルをためてミリオンマイラーを目指すブログでもあります。

ロボアドバイザー 投資

WealthNaviウエルスナビ(ロボアドバイザー)

投稿日:2018年9月21日 更新日:

今日は WealthNaviウエルスナビ(ロボアドバイザー)のお話です。



嫁さんが2018年9月20日から

WealthNaviウエルスナビ(ロボアドバイザー)を

SBI証券さん経由で申し込み、運用を開始しましたので、これから経過を報告していきたいと思います。

スタート金額 25万円
積立金額   3万円/月です。

この金額でシミュレーションをしますと
まず質問が5つ
① 現在、何歳ですか?
② 年収はおおよそいくらですか?
③ 金融資産はおおよそいくらですか?
④ 資産運用の目的は?
⑤ 株価が1か月で20%下落したら?
を聞いてきます。
これに順に答えていくと以下のような結果となりました。
ここで、①から④は同じにして、⑤株価が1か月で20%下落したら? のみ

・何もしない
・追加投資を行う

の2つのパターンを比較した結果です。

 

 

・何もしない
だと、リスク許容度は 4/5 と判定され

385万円の投資額が、10年以上の運用を行うと48%の確率で500万円以上になる

と診断されました。

 

・追加投資を行う
だと、リスク許容度は 5/5 と判定され

385万円の投資額が、10年以上の運用を行うと51%の確率で500万円以上になる

と診断されました。

 

ポートフォリオの違いを見てみると
何もしない の リスク許容度4/5 は 追加投資を行う の リスク許容度5/5
に比べ、

米国債券(AGG)の比率が増え  株(VTI・VEA・VWO)の比率が減る といった
差になっていました。
金(GLD)と不動産(IYR)はほぼ同じ比率で変化はありません。
まったく違うETFが登場するわけではなく、比率が変わるということなんですね。

 

 

ただ、こう言ったETFによるポートフォリオは、自分ではなかなか組まないし
運用中のリバランスとかはめんどくさてできないから、自動で運用してくれる
ロボアドバイザーは、なかなか魅力的な印象です。

さらに、5つの質問からをベースに、詳細設定で、手動にてリスク許容度を
3/5に変更して
投資を開始することに決めました。

さて、これからどうなるか経過を楽しみに見ていきたいと思っています。

(図はすべてWealthNavi for SBI証券殿より引用させていただきました)



 




 



 



 

-ロボアドバイザー, 投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昨年末の株価下落から3か月、ロボアドバイザーWealthNaviはどうなった?

昨年末の株価大幅下落から約3か月が経過して、 我が家が実際に投資しているロボアドバイザーやセゾン投信はどうなったか? のお話です。 先日はロボアドバイザーTHEOについての報告をしましたので、 今日は …

THEOを始めて1年、その成果は?

今日はTHEOのお話です。 約1年間、ロボアドバイザーとはどんなものか? と試しに運用してみたのでその報告です。 条件 投資金額 5万円/月 投資期間 11か月(2017年11月~2018年9月) 2 …

2020年の投資方針は米ETF定期買付とロボアドに決めました。

来年のことを言うと鬼が笑うといいますが、将来笑えるように来年2020年の投資方針のお話です。 日本株はNYダウが上げてもいまいちで、NYダウが下がると激下がり。 とは言え、NYダウも連日最高値更新を演 …

サラリーマンの国民年金と厚生年金

先日の記事「サラリーマンの味方の年金」のお話に補足して、もう少し国民年金と厚生年金のお話をしたいと思います。 サラリーマンの味方の年金 国民年金は、20歳以上60歳未満の日本国民は全員加入です。(なか …

不動産投資のリスク

今日は不動産投資のリスクの話です。 このリスクを負ってもいい という方のみ不動産投資をお勧めします。 いろんな宣伝で、 簡単に始められて、資産形成ができで、将来は悠々自適! そんな謳い文句をよく目にし …