サラリーマンの味方 資産形成研究所

サラリーマンの資産形成を実践しながら応援していくブログです。また、マイルをためてミリオンマイラーを目指すブログでもあります。

ロボアドバイザー 投資 日本株

THEOを始めて1年、その成果は?

投稿日:2018年10月3日 更新日:

今日はTHEOのお話です。
約1年間、ロボアドバイザーとはどんなものか?
と試しに運用してみたのでその報告です。



条件
投資金額 5万円/月
投資期間 11か月(2017年11月~2018年9月)
2018年10月より投資金額を 3万円/月に変更して継続運用中

もうロボアドバイザーのことは大体知ってるから、
結果どうなの?
儲かるの?

という方は、
目次 2.1年間のTHEOの実績 からご覧くださいね。

▼目次
1.THEOとは
①ともかくラクチンお任せ運用
②費用
③分散投資
投資国家
投資先ETF
投資
④積立投資
⑤長期投資
2.1年間のTHEOの実績を公開
3.今後の進め方について

 

1.THEOとは

ロボアドバイザーTHEOは、世界の株式・債券をはじめ、金・原油などコモディティー商品のETFを、人工知能を使って自動売買する投資エンジンと言えます。

1万円/月からの積み立てができ、

投資の王道である
分散投資
長期運用
積立投資
をするには最適なロボアドバイザーと思います。

①ともかくラクチンお任せ運用
一度設定してしまえば、
銀行口座から引き落とし
買付銘柄選定
買い付け
リバランス

これらをすべて一任勘定でやってくれます。
これがロボアドバイザーの醍醐味ですよね。

②費用

費用ですが、
一任勘定のための年会費が投資金額の1%(税別)
その他、口座開設・口座維持費・解約手数料・入出金手数料などすべて無料。
と大変リーズナブルな費用となっています。
個人でリバランスしたら、その買い付け手数料だけでも元が取れます。

③ 分散投資

地域分散としては、アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど世界規模ですが、
どうしてもアメリカ中心になるのは仕方ありません。

アセットクラス分散としては、全般です。
この一言に尽きます。

投資先ETF銘柄分散としては、こんなETFもあるんだ(驚)
というくらい知らないETFを駆使して、たくさんの分野のETFに、
グロース・インカム・インフレヘッジの項目に分けて分散されます。

④ 長期投資

投資期限に限度はなく何年でも設定できますので、ドルコスト法による時間分散された有利な投資が可能です。

ドルコスト法

⑤ 積立投資

積立金額は1万円/月からなので、お手軽に始められます。

 

2.1年間のTHEOの実績を公開

2017年11月から2018年9月まで5万円を毎月投資して
その後2018年9月に3万円に減額し、25万円を引き出した結果です。

運用方針(ポートフォリオ)

収益率推移

保有銘柄

こんなにたくさんのETF、
絶対に思い付かない
それぞれの購入手数料だけでもバカにならない
これをちゃんとリバランス

これをやってのけるのが、THEOの強み
だと思います。
こんなの人力では絶対にムリ!
ですからね。

ドル計算の資産推移

円計算の資産推移

収益率推移のパーセントと実際の資産推移のパーセントが違うのは
年1%の手数料の減額です。

円でみると、2018年初旬の円高傾向の頃には、7%程マイナスで
いまはドル安になったので戻ってきた感じです。
だから、ドルでみるとヨコヨコです。
インカム中心である債券や、インフレヘッジのために実物資産投資なと
株に直接連動しない投資先が56%を占めるので、こういう結果なんだと思います。

ご覧の通り、ほぼヨコヨコの状態。
損益は2%程度のプラスなので、銀行預金よりはずっと良いですね。
これは始めたタイミングとかいろいろ原因があるので、
THEOが良いとか悪いとかいう判断は、1年程度ではまだ判断しにくい状態です。

今回の運用期間ではあまりわからなかったのですが、
今後来るであろう株価が下落(暴落)した時
分散が効いてTHEOが小さい下落に収まって維持できれば
リスクヘッジの投資先になるかもと思っています。

3.今後の進め方

運用成績がヨコヨコなのと、いろいろ試してみたくて、
2018年9月に積立額の半分の25万円を引き出し、
WealthNaviを始めました。

WealthNaviも試してみたかったから、投資先を分散です。

投資金額も5万円/月から3万円/月に減額して、
WealthNaviを3万円/月で2018年9月から投資開始しました。

これから2大ロボアドバイザーを、3万円/月づつ計6万円/月を投資して
どっちが強いか勝負です!

というか、それぞれの強みが出せたらと思っています。
ロボット部隊の隊長になった感じですかね。
それぞれの強みを出して、市場という戦場で戦わせるみたいなね。

あと、ロボではないですが、セゾン投信にも4万円/月を投資していますので、計10万円/月の積み立てで、どこが一番優れているのか、
また、それぞれの投資先をどのように使ったら一番の戦果が得られるのか?

これからが楽しみです。

また報告しますね。

ロボアドバイザーTHEO はSBI証券さんから申し込むことができます。

SBI証券からTHEOの新規申し込みは2019年4月1日(月)を持って終了しました。



▲目次へもどる


-ロボアドバイザー, 投資, 日本株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゆとりある老後の生活 月35万円を得るための投資戦略

前回の記事で「65歳以降って、いくら必要なの?」 というお話をしましたが、今日は ゆとりある老後の生活 をするための戦略についてのお話です。 シミュレーションの前提条件は、 60歳から65歳までは嘱託 …

昨年末の株価下落から3か月、セゾン投信はどうなった?

昨年末の株価大幅下落から約3か月が経過して、 我が家が実際に投資しているロボアドバイザーやセゾン投信はどうなったか? のお話です。 先日はロボアドバイザーTHEO、wealhthNAVIについての報告 …

株価暴落の中、THEO、WealthNavi、セゾン投信はどうなった?

おはようございます。 2018年12月28日です。 NYダウは 10月上旬のピークから下落を続け、27,000ドル近傍から一時は22,000ドルを割り込み、たった2か月少しで、5,000ドルを超える値 …

分散投資(国際分散、銘柄分散、時間分散(長期積立投資))(戦略①)

今日は、私の投資戦略のひとつ 分散投資(国際分散、銘柄分散、時間分散(長期積立投資)) のお話です。 10月4日公開 「億り人になった投資戦略を大公開(イントロ編)」 でお話した、3本柱の①の説明編で …

世界一安全な投資先 アメリカ国債をもう一度考えよう

このブログでもたびたび紹介しているアメリカ国債。 ここ2年くらいは株を買わず、アメリカ国債をちょこちょこ買い増ししていました。 その心は、脱サラを計画し、かつ実行したので大きなリスクを取らず、元本確保 …