サラリーマンの味方 資産形成研究所

サラリーマンの資産形成を実践しながら応援していくブログです。また、マイルをためてミリオンマイラーを目指すブログでもあります。

投資 投資戦略

配当金の再投資(複利効果を得る)(戦略②)

投稿日:2018年10月10日 更新日:

今日は、私の投資戦略のひとつ

配当金の再投資(複利効果を得る)

のお話です。

10月4日公開
「億り人になった投資戦略を大公開(イントロ編)」
でお話した、3本柱の②の説明編です。

億り人になった投資戦略を大公開(イントロ編)

 

▼目次
1.はじめに
2.有名なマルサの女のエピソード
3.キャピタルゲインとインカムゲイン
①キャピタルゲイン
②インカムゲイン
③複利効果
・単利
・複利
・計算してみると
4.まとめ

1. はじめに

配当ってなに? というところからですが、
これは、企業が利益の一部を投資家に還元するお金のことをいいます。
どちらかと言うと、成熟期を迎え、安定成長をしている会社、
または成長はあまりしていなけど、安定的に利益を出している企業が、
配当金をたくさん出す傾向にあります。
アメリカ株を例に取ると、エクソンモービルやAT&Tなどの資源エネルギー・インフラ系企業とか、ジョンソン・エンド・ジョンソンとかのヘルスケアや生活必需品の会社ですね。

また、GoogleとかAmazonとかの現在超成長中みたいな新興株は
配当金を出さないで、そのお金を研究開発に振り向ける傾向があります。

Appleは配当金が出ますが、以前はやはり研究開発のため配当金は無く、
配当金を出す時には、Appleは成長が止まったのか!?
なんて言われたくらいです。

また、日本株だと、自動車・銀行・証券などちょっとまちまちなイメージでしょか。

出す出さないは、どちらが良いという訳ではなく、その企業の成長の過程や
考え方で変わるというものです。

投資家としては、成長して株価が上がり、なおかつ配当利回りが良い株が最高なのですが
なかなかそういう株はないのが事実です。



2. 有名なマルサの女のエピソード

私の大好きな映画に「マルサの女」があります。
ここ数年、この映画のエピソードがお金儲けのヒント、みたいな記事に結構紹介されていてうれしい限りなのですが、私もここで少しお話しますね。
名優、津川雅彦さん演じる花村国税局統括官が、脱税をしているお金持ちの
これまた名優、山崎勉さん演じる権藤に問う場面のセリフです。

花村(津川雅彦)
「どうしたらあんたみたいに金が作れるのかな?
ぜひ教えてほしいな。」

中略

権藤(山崎努)
「せっかくだから教えてあげるよ。
金貯めようと思ったらね、花村さん。
使わないことだよ。
あんたは葬式がありゃ1万、結婚式がありゃ2万と出すでしょう。
そんなもの出してたら金は残らない。
100万あったって使えば残らない。
10万しかなくても使わなければ、まるまる10万残るんだからねえ。」

「あんた、今、ポタポタ落ちてくる水の下にコップを置いて、
水、貯めてるとするわね。
あんた、喉が渇いたからってまだ半分しか溜まっていないのに
飲んじゃうだろ?
これ、最低だね。
なみなみいっぱいになるのを待って…
それでも飲んじゃだめだよ。
いっぱいになって…溢れて…垂れてくるやつ…これを舐めて。
我慢するの。
そうすりゃコップいっぱいの水は…」

これぞ配当の考え方ですよね。
コップの水が、投資した株など
そして、溢れた水が配当です。
コップの水である投資した株などはずっと売らずに持っていれば
配当が溢れて垂れてくる。
映画ではこれをなめるとあるけど、これをまた投資して更なる
コップをつくる、増やす、大きくするんです。
これが再投資の考え方なんですよね。

余談ですが、
先日とても久しぶりに、この映画を見返したのですが、
やっぱりいいですね。
おもしろい!
主役は、朝ドラ「あまちゃん」の夏ばっぱ を演じられた
宮本信子さん。
当時は ばっぱ じゃないです。
若い!
です。
そして、逝ってしまったけど、日本を代表するたくさんの名優の方々が。

私が社会人になったころの映画ですが、映像がとても懐かしいです。
30年前はあんなだったよな~。
国税官の持っている電話とかは、まさしく
シモシモ の陸上自衛隊の無線機のような肩にかけてるやつだしね。
あと、一瞬だけど、当時ファンだった、秋元ともみさんが・・・。
わかる人にはわかるんです。


3. キャピタルゲインとインカムゲイン

① キャピタルゲインとインカムゲイン
インカムゲインとは、購入した株が上昇して、
買値より売値が高く、売却益が出た状態をいいます。

1株が1万円の株を100株 100万円で買って
1株が2万円になって100株 200万円で売れば
100万円の儲けですよね。
(税金・手数料は無視ね)

普通、株で儲かった!
っていうのはこちらの利益(ゲイン)ですね。

キャピタルゲインとは、売却益のことをいいます。

また、損失してしまった場合は
キャピタルロスといいます。

② インカムゲイン
これがまさしく配当です。
不動産でいえば、家賃収入ですね。
投資株や不動産から、定期的に入ってくる収入です。
例えば
100万円分の株を持っていたとして、
3%の配当があれば
3万円/年を手にすることができます。

インカムゲインは継続的に入ってくる収入です。
③ 複利効果
・単利
・複利
単利と複利は文章でごちゃごちゃ書くより
表にした方が分かりやすいので
元金100万円を10%で30年間複利運用した場合を示しますと、

30年後に17,449,402円、約17.45倍になります。
単利では 4,000,000円となり、その差は 13,449,402円です。

単利の場合 複利の場合 差額
0 年後 1,000,000 1,000,000 0
1 年後 1,100,000 1,100,000 0
2 年後 1,200,000 1,210,000 10,000
3 年後 1,300,000 1,331,000 31,000
4 年後 1,400,000 1,464,100 64,100
5 年後 1,500,000 1,610,510 110,510
6 年後 1,600,000 1,771,561 171,561
7 年後 1,700,000 1,948,717 248,717
8 年後 1,800,000 2,143,589 343,589
9 年後 1,900,000 2,357,948 457,948
10 年後 2,000,000 2,593,742 593,742
11 年後 2,100,000 2,853,117 753,117
12 年後 2,200,000 3,138,428 938,428
13 年後 2,300,000 3,452,271 1,152,271
14 年後 2,400,000 3,797,498 1,397,498
15 年後 2,500,000 4,177,248 1,677,248
16 年後 2,600,000 4,594,973 1,994,973
17 年後 2,700,000 5,054,470 2,354,470
18 年後 2,800,000 5,559,917 2,759,917
19 年後 2,900,000 6,115,909 3,215,909
20 年後 3,000,000 6,727,500 3,727,500
21 年後 3,100,000 7,400,250 4,300,250
22 年後 3,200,000 8,140,275 4,940,275
23 年後 3,300,000 8,954,302 5,654,302
24 年後 3,400,000 9,849,733 6,449,733
25 年後 3,500,000 10,834,706 7,334,706
26 年後 3,600,000 11,918,177 8,318,177
27 年後 3,700,000 13,109,994 9,409,994
28 年後 3,800,000 14,420,994 10,620,994
29 年後 3,900,000 15,863,093 11,963,093
30 年後 4,000,000 17,449,402 13,449,402

http://www.shoshinsha.com/tools/fukuri/ 引用

複利の方がとても有利なことが分かります。
この複利の力と、配当金を組み合わせたのものが、

今日のテーマ
配当金を再投資

なんです。

資産形成の上で、
時間を活用した複利運用は絶対条件です。

・計算してみると
では実際に配当金を再投資とはどういうことでしょうか。

次に、投資金額100万円で配当利回り3%の株・5%の株・配当なし株(配当があっても再投資なしと同じ意味)の場合で、10年間配当金を再投資し、その10年間で株価が2倍になった場合を
シミュレーションしてみました。

配当なしの場合と比較して、その差
配当利回り3%で1.30倍
配当利回り5%で1.55倍

参考に30年までシミュレーションしてみました。
ただし、株価は最初10年のみ2倍になり、あとはヨコヨコで変化なしとします。

配当なしの場合と比較して、その差
配当利回り3%で2.35倍
配当利回り5%で4.11倍

株価に動きがなくても、
再配当をすることで複利で運用することになり、
再配当と複利のダブルの力が
とても凄いことがわかりますよね。



4.まとめ

いかがですか。
配当金の再投資で複利運用は、とても強力な戦略であると実感されたと思います。

20代、30代の方は、この方法で30年もまわしたら
凄いことになりますよ。

40代、50代の方だって遅くはありません。
20年、これを続ければ配当利回り3%でも、再投資しない場合に比べ
更に1.75倍になるのですからね。

なら、どんな株を買えばいいのか?
これはまたいつか。

▲目次にもどる

億り人になった投資戦略を大公開(イントロ編)

分散投資(国際分散、銘柄分散、時間分散(長期積立投資))(戦略①)

株価が買値の倍になったら半分売る(戦略③)






-投資, 投資戦略

執筆者:


  1. […] 以前のテーマ投資戦略②で「配当金の再投資」 というお話をしましたが、じゃあ、 どんな株に投資したらいいの? という疑問がわきます。 なので具体的に何を買う? というお話です […]

  2. […] 配当金の再投資(複利効果を得る)(戦略②) […]

  3. […] 配当金の再投資(複利効果を得る)(戦略②) […]

  4. […] 配当金の再投資(複利効果を得る)(戦略②) […]

  5. […] 配当金の再投資(複利効果を得る)(戦略②) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新入社員のみなさんへ。資産形成をスタートしましょう。(投資の基礎編)

3月になったばかりで、少し早いですが 新入社員のみなさん 新社会人おめでとうございます。 新社会人になった以上は、親からは独立してそれぞれ個人責任で 資産形成をしないと生きていけません。 その資産形成 …

イオンの優待はやっぱり いいよん(良いイオン)

今日はいきなりオヤジギャグ(昭和ネタか?)で始まりましてすみません。 イオン(株)【8267】さんから優待による返金を頂きましたのでその報告です。 以前 記事「イオン(株)【8267】の優待はなかなか …

NYダウ大幅下落、日経平均も2万円割れ!これからどうする?

メリークリスマス! 2018年12月24日のNYダウ平均は653ドル、ナスダックは140ポイントの下げ。 引きずられて日経平均は、25日9時50分の時点で800円以上の下落となり あっという間に2万円 …

分散投資(国際分散、銘柄分散、時間分散(長期積立投資))(戦略①)

今日は、私の投資戦略のひとつ 分散投資(国際分散、銘柄分散、時間分散(長期積立投資)) のお話です。 10月4日公開 「億り人になった投資戦略を大公開(イントロ編)」 でお話した、3本柱の①の説明編で …

サラリーマンの国民年金と厚生年金

先日の記事「サラリーマンの味方の年金」のお話に補足して、もう少し国民年金と厚生年金のお話をしたいと思います。 サラリーマンの味方の年金 国民年金は、20歳以上60歳未満の日本国民は全員加入です。(なか …